/

京都で女性活躍推進サミット 起業家賞に「吸引器バッグ」開発者

京都府市、京都労働局、京都商工会議所などで構成する「輝く女性応援京都会議」は31日、京都市内で女性活躍推進サミットを開催した。

パネリストとして参加したゴールドマン・サックス証券のキャシー・松井副会長は女性が仕事を続けられない理由を日米で聞いたアンケート調査から、育児や介護を挙げた比率は日本よりむしろ米国の方が高いことを紹介。一方、仕事への不満や行き詰まり感を挙げた比率は日本の方が高く、「組織内の問題であり、キャリアマネジメントなどが重要」とし、女性の管理職登用の必要性などを訴えた。

分科会では京都女性起業家賞の授賞式が行われ、奥山梨衣さんに京都府知事賞の最優秀賞が贈られた。奥山さんは障害や病気で痰(たん)の吸引が必要な子どもが母親と出掛ける際などに使える「吸引器バッグ」を開発した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン