/

この記事は会員限定です

コマツ、中国工場の操業延期 シェア巻き返しに打撃

[有料会員限定]

コマツは31日、中国での建設機械の操業再開を先送りする方針を明らかにした。新型肺炎の感染拡大を受けて、工場の稼働を約1週間延ばす予定だ。春節後は建機業界にとって最大の商戦期となるが、販売・生産それぞれに打撃となる。中国ではシェア奪回に向けて対策を講じるなかで、予想外の逆風にさらされることになる。

コマツは31日、2019年4~12月期の決算が前年同期比の9%減の1兆8274億円だったと発表した。日欧が堅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り596文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン