大和ハウス、ナイキとロボット倉庫 作業員4分の1に

2020/1/31 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米スポーツ用品大手ナイキと大和ハウス工業は、ロボットを活用した物流センターを共同展開する。保管用の棚をロボットが持ち上げ作業者の元まで運び、商品を取り出す作業を効率化する。作業員は従来の4分の1で済み、海外でも展開する。ネット通販の拡大と物流業界の人手不足により、ロボット倉庫の需要は高まっており、倉庫を利用する企業を巻き込んだ開発競争は激しくなる。

国際ロボット連盟(IFR)によると、物流施設向…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]