「日本カストディ銀行」7月に業務開始 合併前倒し

2020/1/31 19:00
保存
共有
印刷
その他

機関投資家の資産管理を担うJTCホールディングスは31日、傘下の2行と合併して発足する新会社「日本カストディ銀行」の業務を7月27日に始めると発表した。2021年中に合併して業務を始める予定だったが、準備が順調に進んでいるとして時期を早めた。代表取締役などの経営陣は今後決める。

持ち株会社のJTCと日本トラスティ・サービス信託銀行(JTSB)、資産管理サービス信託銀行(TCSB)の3社が合併する。存続会社はJTSBで、1月31日付で合併の契約書を交わした。預かり資産は昨年3月末時点で700兆円。

もともとJTSBは三井住友トラスト・ホールディングス、TCSBはみずほフィナンシャルグループが筆頭株主で、系列の枠を超えた再編に踏み切った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]