アストロスケール、JAXAと組み大型宇宙ごみ除去へ

スタートアップ
自動車・機械
科学&新技術
2020/1/31 18:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宇宙ごみ(デブリ)除去技術のアストロスケールホールディングス(東京・墨田)は宇宙航空研究開発機構(JAXA)と組み、宇宙空間を漂うロケットの一部など大型デブリの除去実験に乗り出す。まず2022年度までに同社の衛星をデブリに接近させ、精密画像を撮影する。25年度にも一回り大きな衛星を打ち上げ、世界初の大型デブリ除去を目指す。

JAXAが公募していたデブリ除去の発注先に、同社傘下で研究開発を担うアス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]