なぜいま渋沢栄一? 転機の道しるべ 人育て公利公益
読むヒント

就活
玉利 伸吾
2020/2/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

渋沢栄一が再び注目されている。「日本資本主義の父」と呼ばれる実業家は、私益と公益を同時に追求する思想家でもあった。先の見えない変革期の指針として、人物や著作への関心が高まっている。

戦後、何度目だろうか。忘れられていても、経済危機が起きたり、不祥事で企業のモラルが問われたりするたびによみがえる。

このところ、再評価が進む。『論語と算盤(そろばん)』などの著作がベストセラー入り。来年のNHK大河ド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]