/

この記事は会員限定です

福島第1原発汚染水の海洋放出案、漁業者に不安広がる

[有料会員限定]

経済産業省は31日、東京電力福島第1原子力発電所で発生する汚染水の処分方法などを協議する小委員会に報告書案の修正版を提示した。海洋放出と水蒸気放出の2つの選択肢を示し、このうち海洋放出について「より確実に処分できる」とした。最終決定までに国が地元の意見を聞くなどの作業が続くが、福島の漁業者には改めて風評被害などへの不安や戸惑いが広がっている。

報告書案では海洋放出と蒸発させる水蒸気放出が「現実的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り631文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン