ドローンでホーム天井を点検 大阪メトロ

2020/1/31 17:29
保存
共有
印刷
その他

大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)は31日、駅ホームの天井裏の点検作業に超小型ドローンを活用すると発表した。ドローンやロボットを使ったソリューションサービスを提供するアイ・ロボティクス(東京・新宿)と連携し、2月中旬に導入する。保守作業員の負担軽減や安全性向上につなげる。

ドローンは手のひらサイズで、重さは約100グラム。周囲360度を撮影可能な全天球カメラや高精細な4Kカメラを搭載できる。大阪メトロはトンネルの高所やマンホール内部など狭い場所の点検でもロボット技術の導入を検討する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]