/

井上尚、4月にWBO王者とラスベガスで統一戦

世界ボクシング協会(WBA)スーパー、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスで世界ボクシング機構(WBO)同級王者のジョンリール・カシメロ(フィリピン)と対戦することが1月31日、発表された。日本ボクサーとして初めての3団体統一が懸かる。

記者会見後、ポーズをとるWBA、IBFバンタム級王者の井上尚弥(31日、東京都内のホテル)=共同

東京都内で記者会見した井上尚は「ラスベガスはボクシングの本場。(興行の)メインイベントでできることを誇りに思う」と語り、相手のカシメロについては「荒々しい野性味を持っている。じっくりダメージを与えて削っていく」と攻略のイメージを口にした。

井上尚の海外遠征は3度目で、米国での試合は2017年9月以来(カリフォルニア州)。米興行大手トップランク社との契約第1戦となる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン