[FT]顔認証 どこまで許容

ジリアン・テット
FT commentators
2020/2/3 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

顔認証システムにどんな印象をお持ちだろうか。ロンドン警視庁が1月下旬、顔認証と人工知能(AI)の機能を備えた監視カメラを設置すると発表したことで、英国では不安が高まっている。

新聞は「ビッグブラザー(編集注、小説『一九八四年』に登場する常に国民を監視する独裁者)がロンドン中に」と書き立て、市民団体はプライバシーの侵害になると大騒ぎした。警察はあくまで犯罪抑制の道具にすぎないと言う。

おそらくロン…

FT commentators

米国版エディター・アット・ラージ

Gillian Tett 英国生まれ。93年FT入社、ソ連崩壊時に中央アジア諸国を取材、97~2003年東京支局長を経て現在、FT米国版編集長。2008年にBritish Business Journalist of the Yearを受賞。2009年には「愚者の黄金 大暴走を生んだ金融技術」で英Financial Book of the Yearを受賞。

    ソーシャルアカウント:

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

その他

電子版トップ



[PR]