フィリピン、休眠企業買収で広がる"裏口上場"

2020/2/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フィリピンの株式市場で、休眠した上場会社を買収、合併して存続会社となる"裏口上場"が横行している。これまで大手航空会社などが実施してきており、足元では送電網運営を担う有力企業が裏口上場に向けて準備を進める。新規株式公開が伸び悩むなか、市場活性化のためにはある程度容認せざるを得ない事情もありそうだ。

フィリピン証券取引所(PSE)に上場する電力関連会社シナジー・グリッド・アンド・デベロップメント・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]