新型肺炎、テレワーク後押し 「国内全社員」検討も

2020/1/31 15:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JXTGはスカイプを使ったテレワーク制度などを取り入れている

JXTGはスカイプを使ったテレワーク制度などを取り入れている

中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の広がりを受け、自宅などでの遠隔勤務「テレワーク」を活用する企業が増えてきた。感染の急激な拡大や重症化のリスクは限られるとみられているものの、ワクチンや特効薬がないなか、企業は手探りで社員の感染予防に動いている。

目立つのがテレワークとの親和性が高いIT(情報技術)企業だ。

ヤフーは新型肺炎が発生した中国の武漢市に…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]