/

この記事は会員限定です

新型肺炎、テレワーク後押し 「国内全社員」検討も

[有料会員限定]

中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の広がりを受け、自宅などでの遠隔勤務「テレワーク」を活用する企業が増えてきた。感染の急激な拡大や重症化のリスクは限られるとみられているものの、ワクチンや特効薬がないなか、企業は手探りで社員の感染予防に動いている。

目立つのがテレワークとの親和性が高いIT(情報技術)企業だ。

ヤフーは新型肺炎が発生した中国の武漢市に

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません