/

この記事は会員限定です

福島第1処理水、海洋放出「優位」 反発強く動けぬ政府

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所で増え続ける処理水に関する経済産業省の小委員会は31日、処分方法として海洋放出と水蒸気放出が「現実的な選択肢」との報告書を大筋で了承した。前例のある海洋放出の優位性をにじませながらも、絞り込めなかった。原発内のタンクが満杯になる期限が迫る一方、風評被害への懸念は根強く、政府が決めきれない状態が長引いている。

福島第1原発は2011年の東日本大震災に伴う津波の影響で炉心...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン