/

この記事は会員限定です

現代人、なぜ音に過敏? 社会のひずみ映す

[有料会員限定]

除夜の鐘や子供の声、消防署のサイレンの音……。住民が「うるさい」と苦情を申し入れ、見直しを迫られる例が相次いでいる。これまで許されてきた音が「騒音」に聞こえるようだ。どうして現代人は音に過敏になったのか。背景を探った。

かけっこは電子音 開催告げる花火は中止

「よーい、どん」。運動会の徒競走のスタート合図は「パーン」と響き渡るピストルの火薬音が定番。だが横浜市立東戸塚小学校は2018年に「ファーン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1765文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン