板前さんの握りたて、ぺろり 富山・一万三千尺物語
鉄道の旅

2020/2/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アルプスは一万尺のはずだが、なぜ一万三千尺なのだろう。そんな疑問においしく答えるダイニング列車が誕生! ワイドな車窓から立山連峰を仰ぎ、富山湾の海の幸を満喫した。

富山といえばキトキトの魚で有名だが、2018年の6月に当コーナーで、車内で握りたての富山湾鮨(すし)が味わえるJR西日本の「べるもんた」を紹介した。それはもう、抜群にうまかったが、唯一残念だったことは乗車時間が短いことと、富山湾鮨が5…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]