装いがまとう意 日本美術の中のファッション
綺陽装束研究所主宰 八條 忠基

美の十選
2020/2/2 2:00
保存
共有
印刷
その他

千年以上にわたって受け継がれてきた有職装束は、様々な日本美術に描かれています。その装いがまとう意について、綺陽装束研究所主宰の八條忠基氏が解きほぐします。

装いがまとう意(1) 「天寿国曼荼羅繍帳」(部分)

装いがまとう意(2) 「高松塚古墳壁画 西壁女子群像」

装いがまとう意(3) 「聖徳太子及び二王子像(唐本御影)」

装いがまとう意(4…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]