AmazonとMicrosoft、クラウドが業績けん引

2020/1/31 11:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米IT(情報技術)大手の業績拡大を、クラウド事業がけん引する構図が強まってきた。アマゾン・ドット・コムとマイクロソフトは2019年10~12月期に、同事業で前年同期比30%以上の増収を確保した。上位企業が事業基盤を固める一方、利用企業の裾野が広がることで競争の構図が変わる可能性もある。

「幅広い顧客基盤と製品群が成長につながった」。30日に19年10~12月期決算を発表したアマゾンのブライアン・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]