新型肺炎、中国で死者数200人超える 感染者9600人超

2020/1/31 9:11 (2020/2/1 11:24更新)
保存
共有
印刷
その他

客の体温を測るコーヒー店員(30日、北京)=ロイター

客の体温を測るコーヒー店員(30日、北京)=ロイター

【広州=比奈田悠佑】中国の保健当局は31日、新型コロナウイルスによる肺炎の死者数が213人になったと発表した。前日の発表から43人増加した。累計の感染者数は1982人増え、9692人に達した。

中国国家衛生健康委員会が30日までの国内各地の状況をとりまとめて発表した。1527人が重症だという。

各国の報道によると中華圏以外の感染者数は累計90人を超える。世界の感染者数は9700人を超え、2002~03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)を上回った。

中国では春節(旧正月)休暇を延長するなどしてウイルスの拡散防止に動いている。また新型ウイルスが発生したとされ、患者が急増している湖北省武漢市には各地から計数千人規模の医療スタッフを派遣し、診察・治療にあたっている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]