英・EU、通関手続き復活は濃厚 交渉本格化へ
企業、コスト増の懸念

英EU離脱
2020/1/31 17:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=中島裕介】2月以降に本格化する英国の欧州連合(EU)離脱後の将来関係を巡る交渉の行方は、企業活動に大きな影響を与える。英はEUとの間で関税障壁なしの貿易の継続を求めるものの、規制・ルール面では独自の路線を探る方針。英・EU間で通関手続きなど新たな非関税障壁が生じるのは濃厚な状況だ。金融分野を巡っても難題を抱えており、産業界にとって目が離せない交渉となる。

英、規制の調和こだわらず

英…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]