/

NYダウ、3日続伸し124ドル高 WHO宣言後に買い

【NQNニューヨーク=戸部実華】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸した。前日比124ドル99セント(0.4%)高の2万8859ドル44セントで終えた。新型肺炎の感染が中国の国内外で拡大しており、世界景気の下押しリスクになるとの見方から売りが先行し、下げ幅を244ドルまで広げる場面もあった。ただ、売り一巡後は業績期待の高い銘柄には買いが入り、世界保健機関(WHO)が新型肺炎で緊急事態を宣言した午後には上昇に転じた。

29日夕に市場予想を上回る増収増益決算を発表したソフトウエアのマイクロソフトは一時上場来高値を更新した。30日発表の四半期決算で売上高が市場予想以上だった飲料のコカ・コーラも高い。

WHOは30日午後、新型肺炎について「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」と宣言した。同時に「中国への旅行規制などは勧めない」との見解も示した。世界的に感染を食い止めようとする動きが強まり、早期収束への期待が高まったことから押し目買いが強まった。市場では「封じ込めが成功するとみて将来的には経済成長は持ち直す」(UBS)との見方もあった。

米債券市場で大幅に低下していた長期債利回りが午後に下げ幅を縮小し、利ざや悪化懸念がやや後退した金融のゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースが上げに転じた。午後に原油先物相場が下げ幅を縮小したのを受け、石油のエクソンモービルやシェブロンも上昇した。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も3日続伸し、前日比23.770ポイント(0.3%)高の9298.934で終えた。29日夕に市場予想を上回る四半期決算を発表した電気自動車(EV)のテスラは10%高だった。一方、29日夕に発表した四半期決算でコスト増が嫌気されたSNS(交流サイト)のフェイスブックは6%下落した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン