/

佐藤安弘氏が死去 元キリンビール(現キリンホールディングス)社長

佐藤安弘氏

元キリンビール(現キリンホールディングス)社長の佐藤安弘(さとう・やすひろ)氏が1月24日午後10時45分、虚血性心疾患のため東京都内の病院で死去した。83歳だった。連絡先は同社秘書室。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は妻、久美子さん。

早大卒業後、1958年にキリンビールに入社した。経理財務や経営企画部門などを歩み、96年に社長に就任。工場の統廃合や事業持ち株会社体制への移行など経営改革を進めた。

発泡酒や缶入りチューハイの市場に参入。主力のビール・発泡酒でシェア首位となるなど、現在のキリングループの基盤を築いた。

2005年9月、日本経済新聞に「私の履歴書」を連載した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン