おから乾燥でエコ推進 機械製造のタカハタ

2020/1/30 19:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

産業機械メーカーのタカハタ(高松市)は自社の豆腐工場で廃棄していた「おから」を食品の原料に転用し始めた。製品の食品乾燥機を工場に導入、乾燥・粉末化したおからを販売する取り組みだ。食品ロス削減への関心が高まる中、自社をモデルに豆腐や野菜の工場に乾燥機を拡販するのが狙いで、高松市内に機械の新工場も計画中だ。

「食品を捨てるのではなく、人の口に届ける。そんな循環を事業として作りたい」。高畑洋輔社長は強…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]