/

コナミ社長に東尾氏、eスポーツなど新事業に力

コナミホールディングスは30日、東尾公彦副社長が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。創業者の上月景正会長の息子で現社長の上月拓也氏は代表権のない取締役となる。東尾氏はゲーム対戦競技「eスポーツ」などの新規事業を加速する。

コナミは1969年の創業から19年で50周年を迎えた。30日の決算会見に出席した東尾氏は「新しい体制で次の50年へのスタートを切りたい」と話した。

東尾氏は「既存の枠にとらわれず挑戦していきたい」と新規事業に力を入れる方針を示した。「ゲームセンターをこれからは『eスポーツセンター』に」と話すなど、近年盛り上がるeスポーツ事業への意欲を見せた。コナミは大会開催や人材育成のための複合施設「コナミクリエイティブセンター銀座」を昨年12月に作った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン