/

この記事は会員限定です

デジタル通貨研究、スピード合意 中国警戒の6中銀

[有料会員限定]

日銀や欧州中央銀行(ECB)など6中銀がデジタル通貨の発行に向けた共同研究に着手した。背中を押したのは、先行して「デジタル人民元」の実証実験を始める中国がデジタル通貨技術の国際標準化で主導権を握りかねないとの危機感だった。旗振り役は英イングランド銀行のカーニー総裁。2019年12月に各行総裁による極秘の電話協議でスピード合意した。

「グループをつくりたい」。カーニー氏が19年11~12月、日銀の黒田東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン