/

この記事は会員限定です

三井住友FG・SBI、ブロックチェーンで協業

貿易金融や個人間送金を効率化

[有料会員限定]

三井住友フィナンシャルグループ(FG)はブロックチェーンを使い、法人・個人の金融分野でSBIホールディングスと協業する。第1弾としてSBIの子会社に出資し、14%の持ち分を得る。厚い顧客基盤を抱えるメガバンクとフィンテックに強いネット証券大手の連携で金融取引の利便性を高める狙いだ。

他の大手銀行もブロックチェーンの可能性に着目し、貿易金融や相続手続きの簡素化へ活用を探る動きが広がってきた。

ブロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン