海洋放出が「より確実に実施可能」
経産小委が報告書を大筋了承

2020/1/31 9:00
保存
共有
印刷
その他

経済産業省は31日、東京電力福島第1原子力発電所で発生する汚染水を処理した水に関する小委員会(委員長、山本一良名古屋大学名誉教授)に報告書案の修正版を示し、大筋で了承された。海洋放出と蒸発させる水蒸気放出が「現実的な選択肢」とした。特に海洋放出は国内の原発で実績があるため「より確実に処分できる」と明記した。今後、政府が地元自治体などの意見を聞き、方法を決める。

小委では、委員から表現の一部につい…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]