/

マツダ世界販売8年ぶり減 2019年、日米中マイナス

マツダが30日発表した2019年の世界販売台数は前年比7%減の149万台だった。マイナスは8年ぶり。景気悪化などの影響で中国の販売が16%落ちこんだほか、米国でセダン系の車種が苦戦した。国内では「マツダ2(旧デミオ)」が不調だった。多目的スポーツ車(SUV)「CX-5」を出した12年以降販売を伸ばしてきたが成長にブレーキがかかった。

中国の販売台数は22万7750台。小型車「マツダ3」や中国専用のSUV「CX-4」が落ち込んだ。ブランド力アップのため値引きを抑制している影響も出た。米国販売は7%減の27万8552台。SUVの人気が高まるなか、「マツダ6」や「マツダ3」などセダン系の車種が減った。

国内販売は8%減の20万3576台。コンパクトカーの競争が激しいこともあり、「マツダ2」が21%減った。「CX-5」も17年に行った全面改良の効果が薄れた。オーストラリアやタイの販売も2ケタ減だった。

欧州は7%増の29万2039台だった。新型SUV「CX-30」の発売が押し上げた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン