長野のミマキエンジ、東御市に研究開発棟 最大40億円

2020/1/30 17:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

産業用インクジェットプリンターのミマキエンジニアリングは、長野県東御市に研究開発棟を新設する。総工費は20~40億円程度。2020年度中にも着工し、22年度の早い段階での稼働を目指す。現在本社に勤務する技術本部の技術者が新棟に移動する。自社単独の研究開発のほか、広大なスペースを活用し大学や企業など外部機関との共同研究も加速させる。

建設する「イノベーションセンター」は、東御市に所有する鞍掛工業団…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]