/

「アニマルポリス」開設、東京都に要望 動物愛護団体

杉本彩さんが代表理事のEva

杉本さんは行政の施策強化を訴えた

動物愛護団体の動物環境・福祉協会Eva(東京・目黒)は30日、東京都の小池百合子知事と会い、動物虐待を防ぐ施策の強化を求める要望書を手渡した。虐待の早期発見につなげる行政による専門機関「アニマルポリス」の開設や、子犬や子猫の展示販売の禁止などを求めた。

アニマルポリスを導入した自治体の先行例としては、大阪府による動物虐待の通報ダイヤルがある。Evaの代表理事で女優の杉本彩さんは、大阪府の取り組みを引き合いに「私たちに多くの相談が寄せられている。行政にも動いていただかないといけない」などと強調した。

Evaは都議会最大会派、都民ファーストの会にも要望書を提出した。小池氏は2016年の都知事選で「ペット殺処分ゼロ」を公約。都は18年度にイヌとネコの殺処分ゼロを達成したとしている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン