/

この記事は会員限定です

新体操「妖精」2人、五輪頂点へ導く 杉本と鈴木

[有料会員限定]

金メダル30個という東京五輪での日本の目標達成に向けた有力候補として、新体操の団体日本代表「フェアリージャパン」への期待が高まっている。一糸乱れぬ連係を誇るチームの中心は精神的支柱の主将・杉本早裕吏(24、トヨタ自動車)と、技術面の要である鈴木歩佳(20、日体大)だ。

「やるべきことをしっかりやれば結果はついてくるとわかった」。杉本が自信に満ちた顔で振り返るのが、昨年9月の世界選手権(バクー)だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1398文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン