オリパラ考

フォローする

スポーツが導く健康社会 AIがデータ分析・判断へ
編集委員 北川和徳

Tokyo2020
2020/1/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アスリートにとってコンディション管理は頭を悩ます難題。極限まで鍛えなければ勝てないし、やりすぎれば故障する。最高のパフォーマンスを発揮するためどう調整すればいいのか。ユーフォリア(東京・千代田)が提供する「ワンタップスポーツ」はそんなアスリートの悩みを解決するシステムである。

ラグビー日本代表のために開発したが、現在はパラスポーツを含めて今夏の五輪・パラリンピックに臨む多数の日本代表チームが活用…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
ナイキ製の特注厚底シューズを履いたエリウド・キプチョゲ(左)はウィーンで行われたマラソンの特別レースで非公式記録ながら史上初の2時間切りを達成した(2019年10月)

 ナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」の登場で、スポーツにおける記録やパフォーマンスの進化についてあらためて考えさせられた。

 記録とは異なる時代に活躍した伝説的アスリートの能力を比べるもの差しにも …続き (2/14)


 日本パラリンピック委員会(JPC)は7日、日本選手団の金メダル目標を20個と発表した。金ゼロだったリオデジャネイロ大会からの飛躍へ、団長として引っ張るのが1月に就任した河合純一JPC新委員長だ。河合 …続き (2/13)

山下JOC会長は「選手強化にかかる資金が社会に還元する仕組みを作りたい」と言うけれど……=ロイター

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長が3日、JOCが果たす3つの役割などを発表した。その内容は「アスリートの育成・支援」「五輪精神の普及・推進」「国際総合競技大会の派遣・招致、国際化の推進 …続き (2/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]