/

レスリング・富山、念願の出場で金 1984年ロス五輪

1984年ロサンゼルス五輪は、日本がボイコットした80年モスクワ幻の代表組が雪辱の炎を燃やした大会としても記憶される。柔道の山下泰裕、マラソンの瀬古利彦と並ぶ日本の顔として、4年越しの舞台に立ったのがレスリングの富山英明(当時26歳)だった。

78、79年と世界選手権を連覇した天才レスラーが待ち望んだ五輪。そのうれしさを抑えきれなかったのか、開会式に当時禁止されていたカメラを持ち込んだ。これが日本オリンピック委員会(JOC)で問題とされ、一時は強制送還も取り沙汰された。わび状を書いて最悪の事態は免れたという。

そんなお騒がせもどこ吹く風、ひとたびマットに上がれば富山はやっぱり日本の誇る最強レスラーだった。予選を無敗で勝ち上がり、迎えた8月11日の男子フリースタイル57キロ級決勝。地元の大声援を受けたデービス(米国)からローリングなどで次々とポイントを奪う快勝だった。現地に応援に駆けつけたフィアンセらの前で首から提げた金メダル。「人生最高の日」に豪快な男の頬を感激の涙がつたった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン