復興商業施設ようやく開業 宮城県気仙沼市内湾地区
(東北6県 気になる現場)

2020/1/30 16:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宮城県気仙沼市内湾地区の復興商業施設が2019年12月20日にオープンした。海に面する同地区は漁業の町、気仙沼の玄関口。住民や商業者らの合意形成や補助金に時間を費やし、完成までに8年9カ月を要した。津波被災地の中心部にある商業施設としては異例の遅さ。復興事業の過程に何があったのか。

オープンしたコミュニティー施設「拓(ヒラケル)」は木造平屋の延べ床面積500平方メートル。鮮魚店と青果店が入居、観…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]