長野のオルガン針、庶民的で品質安心のミシン針
老舗の研究

2020/1/30 16:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長野県上田市にあるミシン針のオルガン針は、2020年に創業100を迎える。ミシン針は主に服飾工場のミシンで使われている。祖業はレコードプレーヤー用の針製造だったが、今ではミシン針やスマホ製造に必要な電子部品関連の針など事業領域は多岐にわたる。創業者から継承する高品質へのこだわりが、長い歴史を支えている。

1920年創業。現在の増島良介社長の祖父の良三氏が東京・荒川区でレコード用の針作りを手掛けた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]