/

国産針葉樹合板 12月在庫量5.8%増

農林水産省が発表した2019年12月の国産針葉樹合板の在庫量は12万5977立方メートルと前月比5.8%増えた。前年同月比では19.1%少ない。生産量は26万9719立方メートルと前月比3.8%減、出荷量は26万2849立方メートルと同8.9%減った。年末休暇で工場が休業し、輸送できなかったことが影響した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン