/

この記事は会員限定です

あまりの悲劇が最高裁を動かした

憲法のトリセツ

[有料会員限定]

「ルーム」という映画をご存じですか?長年にわたり監禁・性的暴行されていた女性をブリー・ラーソンが演じ、2016年のアカデミー主演女優賞を受賞しました。ほぼ実話だそうですが、日本でも似たような悲劇がありました。1968年に栃木県矢板市で起きた実父殺人事件です。

■親を敬うのは「人類普遍の原理」

29歳の女性が実父の首を腰ひもで絞めて殺した。この事件が起きた1968年当時、歴史に残る裁判になると思った人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2428文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン