/

この記事は会員限定です

銀行監督をグリーンに 欧州に先んじられてよいのか

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

「資本主義の再定義」をテーマに掲げた世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)が終わった。世界のリーダーたちが最も頻繁に語った言葉が「気候変動」と「ESG」(環境、社会、ガバナンス)だ。気候・環境問題がグローバル市場の潮流を決める時代。焦点の1つは金融監督・規制と環境問題の接近だ。

総会に合わせて公表された2つの文書もダボスに集った人々の関心を引き、会議の議論に影響を与えた。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1732文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン