/

R&I、投信販売会社3社を格上げ

格付投資情報センター(R&I)は30日、銀行や証券会社14社の投資信託の販売姿勢に対する格付けの定期見直しを実施し、3社を格上げしたと発表した。「顧客本位の業務運営」に関する専門部署を設置した、大和証券とSMBC日興証券の2社を「Aプラス」から「S」に引き上げた。四国アライアンス証券は販売する投信のモニタリング体制の強化を受けて「A」から「Aプラス」に引き上げた。

R&Iは個人投資家が販売会社を選ぶ際の参考指標としての利用を想定し、2018年12月から希望する投信販売会社を格付けしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン