宮崎産アボカド 銀行員が挑む 夢逢いファーム社長
興すパーソン)緒方省吾さん

地域金融
2020/2/3 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「土を真剣に触ったのは、小学校6年の理科の授業以来」。夢逢いファーム(宮崎市)の緒方省吾社長(44)は振り返る。同社は宮崎銀行と宮銀ベンチャーキャピタル(宮崎市)が宮崎の農業を盛り上げようと、2017年に設立。地元農家が生産しないアボカドとキウイを新しい地産品に育てようと、宮崎市と宮崎県高鍋町の農場で栽培している。

緒方社長は宮崎銀行から出向し、アボカド栽培の責任者を務める。高鍋支店に勤務時代、…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]