関西のホテル、新型肺炎に悩む 客室単価の下落懸念
予約キャンセルへの対応に苦慮

2020/1/30 14:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型肺炎による中国の海外団体旅行の禁止措置で、関西のホテルが予約キャンセルへの対応に苦慮している。アルコール消毒ボトルを増やすなど施設内の感染予防対策を急ぐ一方、現状では空室を埋める有効な対策を見いだせない様子。客室単価の下落への懸念も広がっており、事態が長期化すれば中国人以外を誘客するなど戦略の見直しを迫られそうだ。

リーガロイヤルホテルは1月25日から2月末までの宿泊予約で、既に団体客144…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]