ホンダ系、部品生産フィリピンへ移管 新型肺炎受け

2020/1/30 14:15 (2020/1/30 15:39更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ホンダ系自動車部品メーカーのエフテックは30日、中国・武漢市の工場で造っていたブレーキペダルを、フィリピンの工場で代替生産すると明らかにした。武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、武漢の工場は早期の操業再開が見通しにくくなっているためだ。新型肺炎を巡る混乱が長引けば他の地域にある工場で代替生産する動きが広がる可能性がある。

武漢市には中国内外から自動車や半導体関連の企業が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]