/

台湾のWHO参加 首相が必要性強調 参院予算委で

安倍晋三首相は30日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に関連し、台湾の世界保健機関(WHO)参加の必要性を強調した。「政治的な立場で排除しては、地域全体を含めた健康維持、感染の防止は難しい。我が国の立場は引き続きWHOで主張したい」と述べた。日本維新の会の音喜多駿氏への答弁。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン