/

上皇さま、一時意識失う 検査では異常なし

(更新)

宮内庁は30日、上皇さまが29日午後6時半ごろ、住まいの皇居・吹上仙洞御所で一時意識を失って倒れられたと発表した。意識はしばらくして戻り、翌30日に宮内庁病院で頭部の磁気共鳴画像装置(MRI)検査と専門医による診察を受けられたが、症状の原因となる所見は見られなかった。当面は経過観察を続けるという。

同庁によると、上皇さまが倒れた際、そばにいた上皇后さまが非常ブザーで侍医を呼ばれた。上皇さまはいびきのような息づかいだったが、侍医の診察開始から間もなく意識を回復されたという。

上皇さまは29日午後、私的に外出し、吹上仙洞御所に戻って約1時間後に倒れられた。その後担架で寝室に移り、夕食を取らずにそのまま就寝された。30日朝は通常通り朝食をとられたという。

上皇さまは86歳。2019年7月には脳貧血のため立っていられず、かがみ込まれる症状があった。最近の体調に問題はなかったといい、仙洞仮御所(東京・港)への引っ越し準備に加え、ハゼ科魚類の研究や日課の散策、読書などをして静かに過ごされていた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン