架空請求で400万円詐取疑い 元会社社長を逮捕、警視庁

2020/1/30 13:06
保存
共有
印刷
その他

ジャスダック上場で飲食店の管理システムを手掛ける「ジャストプランニング」の子会社から約400万円を詐取したとして、警視庁捜査2課は30日、ジャストプランニング元社長の鈴木崇宏容疑者(49)=東京都港区=ら男2人を詐欺容疑で逮捕したと発表した。同課によると、鈴木容疑者は容疑を認めている。

同課などによると、鈴木容疑者はジャストプランニングの太陽光発電子会社「JPパワー」(東京・大田)の取締役も務め、2014~18年に太陽光発電のメンテナンス業務の架空発注を繰り返していた。同容疑者はJPパワーから1億円以上をだまし取り、FXなどに費やしていたとみられる。

逮捕容疑は17年12月、太陽光発電に関するメンテナンス費用の名目で架空の請求書をJPパワーに提出し、現金約400万円をだまし取った疑い。税務調査で不正が発覚し、18年8月にジャストプランニングは鈴木容疑者を社長から解任していた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]