Microsoft38%増益 OS更新で売上高は過去最高

2020/1/30 6:53 (2020/1/30 11:45更新)
保存
共有
印刷
その他

マイクロソフトの2019年10~12月期業績は38%の大幅増益となった

マイクロソフトの2019年10~12月期業績は38%の大幅増益となった

【シリコンバレー=佐藤浩実】米マイクロソフトが29日に発表した2019年10~12月期の純利益は前年同期比38%増の116億4900万ドル(約1兆2700億円)だった。売上高は同14%増の369億600万ドルで、四半期ベースで過去最高。クラウド事業の拡大に加えて、パソコン用基本ソフト(OS)の世代交代に伴う「ウィンドウズ」の販売増が業績を押し上げた。

ネット経由でコンピューターの演算能力を提供する「Azure(アジュール)」など、クラウド関連の事業をまとめた「コマーシャルクラウド」の売上高は同39%増の125億ドルだった。マイクロソフトの売り上げ全体に占める比率は34%と前年同期と比べて6ポイント上昇。クラウド事業の粗利率は67%と相対的に高いため、利益拡大の原動力になっている。

主要事業では米アマゾン・ドット・コムのクラウドサービスと競合する「アジュール」の売上高が前年同期比で62%増えた。マイクロソフトは実額を公表していないが、45億~50億ドル規模とみられる。

アジュールの売上高の成長率は鈍化しつつあったが、データ分析の新サービスなどを始めたことで8四半期ぶりに前の四半期(19年7~9月期、59%増)を上回った。表計算ソフトなどをネット経由で使えるようにする「オフィス365(企業向け)」は同27%増だった。

サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は29日の会見で、「我々はどのクラウド企業よりも多くの地域にデータセンターを持ち、イスラエルとカタールにも設置する」と述べた。マイクロソフトの売上高が四半期ベースで過去最高を更新するのは19年4~6月期(337億1700万ドル)以来、2四半期ぶり。

クラウド以外の事業では、OS「ウィンドウズ」のパソコンメーカー向けの販売額が前年同期比で18%増えた。この期は、20年1月の「ウィンドウズ7」のサポート終了の直前にあたり、世界的に「10」への更新需要が拡大した。新製品を投入したパソコン「サーフェス」の売上高は6%増の19億7600万ドルとなった一方で、20年に新型「Xbox」の発売を控えるゲーム事業は21%の大幅減となった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]