MOX燃料、使用後どこへ 伊方原発で初の取り出し

2020/1/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

原子力発電所で1度使い終わった核燃料を再処理して作ったウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料について、四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の原子炉から初めて使用済みのものが取り出された。政府は使用済みのMOX燃料をさらに再処理する方針だが、必要な工場の建設計画はメドが立たない。核燃料サイクルを含めた原子力政策の将来像を明確にしなければ、使用済みのものはたまり続ける。

MOX燃料は原発の使…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]