/

女性ガイドも新型肺炎 大阪で入院、感染運転手と同乗

新型コロナウイルスに感染した患者について記者会見する大阪府の職員ら(29日夜、大阪府庁)

大阪府は29日、大阪市内の病院に入院中の市内在住の40代女性が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。厚生労働省によると、女性は外国籍だが中国・武漢市への最近の渡航歴はない。28日に感染が確認された奈良県の60代男性が運転していたバスにガイドとして同乗し、ツアー客らと行動していたという。

府などによると、女性は12~17日に武漢からのツアー客のバスにガイドとして乗車。男性運転手も同乗していた。女性は17~22日は別のツアーにガイドとして乗車した。いずれのツアーも府内外で観光をしたという。

女性は発熱し、20~21日に東京都内の病院を受診。22日に体調不良が続いていたためガイドを交代し、新幹線と地下鉄を利用して大阪府内に戻り医療機関で受診した。ただマスクを着用しており、府は移動の際の濃厚接触はないとみている。

症状が改善しないことから23日に府内の別の医療機関を受診し、コンピューター断層撮影装置(CT)により肺炎の所見が確認されたため、入院した。女性はこの際、武漢から来た旅行者と接触があったと申告したという。

一時は37~38度台の発熱があったが、現在は症状は改善しており、入院して経過観察を続けている。女性は20日以降、マスクを終日着用していたといい、府の担当者は「不特定多数の人と接触があった可能性は極めて低いと考える」と述べた。

奈良県は29日、記者会見し、新型のコロナウイルスに感染した同県の男性バス運転手の濃厚接触者が同日午後5時現在、県内に17人、県外に5人の計22人おり、うち1人が大阪の女性ガイドだと明らかにした。県内の17人に発熱などの症状はないという。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン