/

この記事は会員限定です

異例のチャーター機派遣、希望増え首相決断 新型肺炎

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中国湖北省にとどまっていた邦人ら206人を乗せた民間チャーター機が29日朝、羽田空港に到着した。感染症の拡大を受けて政府が邦人の大規模な帰国支援に乗り出すのは前例がないという。感染の発生元とされる武漢市では公共交通機関の封鎖が続く。安倍晋三首相らは帰国希望者が急増するとみて異例の対応に踏み切った。

複数の政府関係者によると、帰国機派遣の検討が水面下で始まったのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1289文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン