検証マイナス金利5年 スウェーデン、副作用勝り終結
家計の債務膨張 通貨安にも負の影響

2020/1/29 20:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ベルリン=石川潤】スウェーデンのリクスバンクが世界の中央銀行の先陣を切ってマイナス金利政策の終了を決めた。当初の想定を超えて同政策が長期化し、家計債務の膨張といった副作用を無視できなくなったためだ。世界最古の中央銀行の5年に及ぶ実験はスウェーデン経済に何をもたらしたのか。

「マイナス金利の導入時、ゼロに戻すのに5年もかかるとは誰も考えていなかった」。同政策の終了を決めた2019年12月の金融政…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]