鈴与など海運4社、静岡・清水港に新物流センター完成

2020/1/29 20:01
保存
共有
印刷
その他

静岡市の清水港に29日、新興津国際物流センターが完成した。2月に稼働する。いずれも静岡市内に本社を構える鈴与、アオキトランス、天野回漕店、清和海運の4社が共同で輸出入拠点として整備し、耐震性や省電力に優れた最新の設備を導入した。中部横断自動車道の全線開通を目前に控え、山梨や長野など周辺県の物流にも寄与すると期待が高まっている。

鈴与など海運4社が整備した「新興津国際物流センター」

鈴与など海運4社が整備した「新興津国際物流センター」

2階建ての新施設の敷地面積は約6万1000平方メートル。延べ床面積は約7万4000平方メートルで、鈴与が2万9600平方メートル、ほか3社がそれぞれ1万4800平方メートルずつ利用する。2階部分にもトラックが直接乗り入れることができるのが特徴だ。

竣工式で、鈴与の鈴木健一郎社長は「4社にとってはこの物流センターの稼働により、輸出入貨物の作業や保管、通関などの利便性が更に大きく向上する。最大限活用し、清水港への貨物誘致を加速させ、清水港と静岡県の更なる発展に貢献していく」と話した。

災害への備えと省エネ性能を充実した。敷地は盛土などで6.5メートルかさ上げし、2階に直接できるスロープ(ランプウエー)や非常用発電機を設置した。全館に発光ダイオード(LED)照明を導入し、断熱性の高い屋根・外壁材を使った。

清水港のコンテナの取扱量は2015年から年々増え、18年には約56万7000TEUと、記録の残る1969年以降、3番目に多くなった。港湾計画の想定を超えた荷物の量となり「コンテナの取扱量が上限に達してきている」との見方もある中、今回の物流センターの開設で港の機能拡大を図る。

中部横断自動車道は、山梨県の下部温泉早川インターチェンジ(IC)から南部ICまでの13.2キロメートルが20年中の開通を見込む。これにより全線が開通すれば、静岡県庁から山梨県庁間が国道を利用する従来のルートに比べて、約1時間短い1時間40分でつながるとの国土交通省の試算もある。

東京五輪・パラリンピックをはじめ荷物が増える可能性が高いイベントが多い今年は、物流が逼迫する首都圏に代わる拠点として、清水港の役割を拡大するチャンスとなる。特に、これまで首都圏の港湾物流を利用してきた長野県や山梨県にとって、有力な選択肢となりそうだ。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]